ごあいさつ・カウンセリング内容

. 
.

ごあいさつ

 はじめまして。こんにちは。
真心堂カウンセラーの、今野祐子です。
真心堂では、摂食障害専門のカウンセリングをしております。
私自身、過去に摂食障害の経験があり、とても辛く、苦しい人生を歩んでいました。
回復した今、自分と同じような苦しみの中におられる方に、私の過去の経験が少しでも何らかのかたちでお役に立てていけたら。という思いでカウンセラーになりました。
現在、摂食障害で苦しい思いをされているご本人とそのご家族の方の苦しみに寄り添い、経験者だからこそ見えてくる問題や、分かり合える、理解できる、共感できることが沢山あると思います。愛と真心込めて丁寧にお話しをお聴きし、少しでも心と身体が楽になり、未来に希望をもって、回復へと繋がるお手伝いを全力でさせて頂きます。
 カウンセリングを重ねていく中で、ワークやセルフヒーリング統合法を知って頂き、カウンセラーなしでも、自分で自分を癒すことが出来るようになる事を目指して、対話を進めていきます。
 セルフヒーリングをすることで、より自分に自信が持てるようになり、より早く回復への兆しが現れてきます。
さらに毎日やって頂くことで、どんどん統合され、ありのままの自分を取り戻し、ありのままの自分で楽に生きられるようになります。
 まずはお気軽に、ご相談ください。

. 
.

カウンセリング内容

 摂食障害の方はどうしても一人で全てを抱え込み、なかなか家族や友人に相談出来ず、もしくは相談しても理解されず、一人で悩み、お辛い状況の方が多いと思います。
 そして、そばにいるご家族の方も、本当はどうやって本人と接していけば良いのだろうか?
何か良い解決方法はないのだろうか?と悩み頭を抱えていらしゃることと思います。
 そこで、真心堂のカウンセリングではそのお辛い状況や症状、その他何でもご自由にお客様のペースで、寄り添い対話を重ねていきます。

 
. 
.

感情・観念(思い込み)に働きかける

 どんどん深く対話を進めていくことで、今まで抑圧してきたネガティブ感情や過去の嫌な出来事、記憶などがどんどんおもてに出てきます。ここで感情ワーク(一人二役親子対話)を用いて出てきたネガティブ感情に対して全肯定していく作業をします。全肯定することによって、自己肯定感を持てるようになっていきます。
 そして、さらに深く対話を進めていくとその奥にある、観念(思い込み)が見えてきます。
その見えてきた観念(思い込み)によって自由が奪われているのであれば、観念書き換えヒーリングを用いて、どんどんその観念(思い込み)を外し、代わりに自分を解放する観念を入れてあげるという作業をしていきます。
 このように感情を充分に表現していき、そのあと、その感情の下にある観念(思い込み)にフォーカスして、自由に書き換える。というこの2段階の作業をすることで、感情は自分の存在意義を認めてもらい、充分お役目果たせたな、と満足し大人しくなります。ネガティブ感情に対して、憎んだり、恐れたり、嫌ったり、無視したり、気を紛らわしたりして消えてなくなるように待ってみたりしても、感情はなかなか消えてくれません。つまりその真逆の事をやってあげると良いのです。
 ネガティブ感情そのものの存在を認めてあげて、愛してあげると感情は成仏します。
 そうネガティブちゃんたちは本当は大事なことを教えてくれるあなたの味方なのです。

 *とにかく自分を楽にしてあげることです。人にどう思われるかなんて、その時だけです。それよりも自分に余計なストレスをかけない事、自分に優しくする事、嫌いな時間は作らない事。少しずつそういう生き方にシフトしていきましょう。
 このような作業を続け、自分開放が充分に進むと、今まで我慢して給料の為だけにやっていた仕事も、もう辞めて、本当に好きなことを仕事として始めてみよう、そのような考えになる場合もあります。
 それはきっと、自分にとって良い変化です。頭では将来の不安とか、経済の不安とか、年齢の不安とか、心配事ばかり浮かびます。でも、もしハートに聞いて、ワクワクするやりたいことがあるなら、徐々にそちらの準備に取り掛かるといいです。生まれる前に魂が決めてきたことでしたら、宇宙が後押しをしてくれます。

. 
. 

人格統合

 ネガティブ感情の中で、人間関係において私たちが普段感じやすい感情に、「イライラ」があります。
イライラ、怒りの下にはたくさんの捨て子キャラがいます。
 ないがしろにしている心の奥の捨て子ちゃん、この子たちは自分の存在に気付いてほしくて騒いでいます。
より自分らしく、イキイキと人生を生きるためにこの捨て子の取り戻しは重要なカギを握っています。
 人との会話でカチンとくる、イラっとくる、モヤモヤなどの感情は誰でも感じたことがあると思います。これらの感情たちはもっと奥に捨て子ちゃんが居ますよ。という信号です。
 誰だってイライラなどネガティブな感情を感じずに日々を送れればそれに越したことはありません。でもそれにはその奥の捨て子に働きかける必要があります。
 どうやって働きかければいいのでしょうか?
ヒントは、いつも自分をイライラさせる人、苦手な人、嫌いな人の中にあります。ああはなりたくない、私はそんな人ではない、そういう人が会社に一人はいるものですが、実はそこにあなたの捨て子は隠れています。
 自分の嫌いな人は、自分の禁止を投影して見せてくれている人です。自分が過去にこのキャラは駄目、と切り捨てた自分の一部なのです。そのキャラを取り戻すために、捨て子ワークを用いて、統合作業を進めていきます。
 捨て子キャラ=自分で許していない自分の一部のことです(禁止の投影)。
人間は自分に許していない部分を人に見ると許せない気持ちになります。自分の中のその部分を許してあげると、人のその部分も許せます。苦手な人が教えてくれる自分の捨て子キャラ、この子たちの存在を認め、表現させてあげると、のびのびチャーミングキャラに成長します。
 このように取り戻しを進め、いじけた捨て子キャラが一人もいなくなれば、もう苦手な人はまわりにいなくなります。ということは人間関係で苦労しなくなります。そればかりか、あなたは本来の魅力を取り戻し、自分らしく生きられるようになります。
 今まで苦手な人を見て、私はこうはなるまいと反面教師にして、自分を戒めたかもしれませんが、これからは真逆のことをしてください。苦手な人こそがあなたの取り戻すべき必要なエネルギーを持った人なのです。「捨て子キャラがいますよ」と教えてくれているありがたい人なのです。

(注意)
 嫌いな人の中には、例外として、単純に「自分を傷つける人」「支配的な人」や「自分の事をわかってくれない人」「決めつける人」など、自分を大事にしてくれない人の場合もあります。これは両親から受けた扱いが影響していることが多いです。

*例外について
 イラっとする人でも、捨て子に当てはまらない場合がいくつかあります。
1.サタンエネルギー・エゴイスト(自分の中にもある病)
 ・傲慢な人、支配的な人、人を見下す(雰囲気の)人
 ・自分さえよければよいという人
これは、自分は卒業しかかっているけど、昔(過去世)は自分も持っていた性質、もしくは業のようなものを復習的に見せられていたり、今度はされる番となってカルマの解消をしたり、あるいは、今も自分の中にも似た性質をわずかに残しているなどの意味があります。
 (対処法)自分に1ミリもないか振り返る。あればそぎ落とす。注意する立場なら注意する。

2.純粋に自分に危害を加える人の場合(潜在意識が引き寄せている)
 ・自分を裏切った人
 ・自分をだました人
 ・いじめてくる人
 ・失礼なことを言ってくる人
 ・地雷を踏む人(コンプレックスを突っついてくる人)
これは捨て子以前に、嫌いで当然です。この人たちも何らかの学びであなたの前に現れた人ですが、捨て子ではありません。
過去世でこちらが加害者で、今度は被害者になることでカルマバランスをとっている場合もあります。
 (対処法)感情ワーク、観念書き換えヒーリング、アサーション、カルマバランス、コンプレックス解消すべく行動。

3.父母の再来(潜在意識が引き寄せている)
 ・わかってくれない人
 ・決めつける人
 これはトラウマ・潜在意識の思い込みの投影です。親から理解されずに育って、誰もわかってくれないと感じて生きている場合、このような人を引き寄せやすいといえます。そのたびに、ああやっぱり、と悲しい思いを繰り返します。
親にしてもらえなかった不満をその後の人間関係で繰り返しています。これは捨て子ではなく、トラウマの信号になってくれている人です。お父(母)さんにそっくりな性格の人、というのも3.父母の再来です。たまに、兄弟や、幼稚園の先生の再来もあります。
 (対処法)父母等とのトラウマを癒す(感情ワーク、観念書き換えヒーリング)

4.期待しすぎによるイライラ(能力の低い人を許せない病)*捨て子の要素もあります。
 ・頭が悪い人
 ・空気の読めない人
 ・仕事の遅い人
 ・無神経な人
これらの人にイラっとくるときは、相手に自分の基準を要求していないか振り返ってみてください。「最低このぐらいできるべき」という固定観念です。
 (対処法)期待をゼロにする、分業の視点に立つ、魂年齢の考慮、個別対応のアサーションを工夫。

.  
.

アサーション

 人間関係の問題は生きている限り大なり小なり誰でもあると思います。この世に生きる限り、本当の自分を表現していくことはとても大切です。すべての人は尊重され、大切にされる権利があります。我慢し続けるか、関係を切るかという2者選択ではなく、真ん中の道、穏やかな自己主張=アサーション・アサーティブ表現もアドバイスさせて頂きます。
 この世の学びの半分は、いかに上手く自分を表現するか、だと言っても過言ではありません。アサーティブ表現を実践することで、ストレスはかなり軽減され、より自分らしい輝きを取り戻せます。

.
.

マクロビオティック

 食事に関しては心身共に落ち着いてきた頃に、マクロビオティックを取り入れた食事法もお奨めしております。
*マクロビオティックとは、自分を大切にし、地球の生命を大切にする食事法です。
 1.自分に優しい
 ヒトの食性に合った、未精白の穀物(玄米)を中心にすることで血液を浄化して、心身を強く安定させます。

 2.動物に優しい
 感情を持つ哺乳動物を殺して食べることは自分の波動も下げ、動物も苦しめることになります。マクロビオティックでは血を酸性にする大きな動物は避けます。

 3.途上国に優しい
 家畜の餌として大豆やとうもろこしが大量に消費されます。それを直接ヒトが食べた方が効率よく地球上に食料はいきわたります。先進国の私たちが当たり前にしている肉食は飢餓で苦しむ国々の上に成り立つ食事なのです。このことを見直す時が来ています。

 4.地球と虫たちに優しい
 有機農法は、小さな生命(虫等)と共存できる農法です。化学薬品を使わないので自然が守れます。

 5.財布に優しい
 マクロビオティックを続けると、自分で健康をコントロールする自信がつきます。病気を未然に防げるので医療費が大幅に削減できます。

 心と食は密接なので食事改善を併用することで心の変化の速度がアップします。単に健康維持やダイエット目的の為の食事法ではなく、体に優しい食事を取ることで、心身が安らぎヒーリング効果も期待できます。そして、農薬や化学肥料を使わず穀物や野菜を育てて地球環境の保全に貢献でき、動物の命を守ることにも繋がります。

.
.

マイペースに継続することの重要性

 *カウンセリングやワーク、セルフヒーリング統合法を焦らず、マイペースに取り組むことによって、少しずつ確実に良い方向へ向かうようになります。そして、良い方向へ向かった先には、心がとても楽に、穏やかで、安心できるようになり、症状も自然に落ち着いていきます。回復過程で、症状が良くなったり、悪くなったりの繰り返しで、先が見えなくなった時でも、
「少しずつ確実に良い方向へ向かっている。必ず回復し、明るい未来がある。」
と強く信じて一緒に乗り越えていきましょう。カウンセラーは全力でサポートさせて頂きます。 

どうぞ宜しくお願い致します。

  

X