未分類

親への罪悪感を手放す


 家で両親の仲が悪いとき、自分の存在のせいではないにもかかわらず、「自分がいるせいだ」と思ってしまい、無意識的に子供はどうにかして両親の仲をとりもとうとします。
 当たり前ですが、どんな子もお父さんとお母さんには仲良くしてほしいです。そこで、できるだけ良い子になって母親に負担かけまいとしてしまいます。
 しかし、母親は子供が我慢していることをまったく理解しませんから、母親のためにずっと我慢し続けることに対する怒りを身体に溜め込みながら、アダルトチルドレンになっていきます。
 しかし、残念なことに子供が親の不仲を改善させようと努力をしてもうまくいくことはありません。
 むしろ、頑張って仲をとりもとうと、頑張れば頑張るほど親子関係が逆転し、両親は子供に甘えてしまって依存的になり、さらにひどい状況になっていきます。子供への負担がどんどん増えていくことになります。親は子供を助けることはできますが、子供が親を助けることは出来ません。幼い子供に大人を改心させることは不可能なのです。
 この記事を読んでいるあなたは両親の不仲を改善できなかったことや、母親の不幸を助けられなかった自分に罪悪感を持っているかもしれません。
 でも、あなたは無罪です。もうそろそろ、両親の仲をとりもとうと努力することをやめてもいいのです。むしろ、両親の為に生きるのをやめて、自分の為に生き始めることが両親を改善することにつながるのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


X