• 未分類

    無条件に愛してもらえないと、激しい憎悪が生まれる(親を殺したいと願う子どもは、親の愛情を強く求めている)

    <親を殺す子どもの心理>  少年少女が実親を殺したという報道が流れると、驚きとやりきれなさが周りの空気を包みます。  もしも親殺しの犯人が、親からレイプされていたなど、ひどい虐待を受けていた子どもであれば、その心理に多少なりとも共感を寄せることができるかもしれません。しかし、特に問題のなさそうな家庭で育った子どもが親を殺したとなると、その心理を理解することはなかなか難しいでしょう。  親を殺す動機には、学校や友人関係など、さまざまな社会的背景がからむと考えられています。しかし、この問題を、親の養育態度や親子関係を抜きにして語ることはできません。 <依存心と独立心とのゆらぎが心の中の葛藤を生む>  親の保護なくしては生きていけない子どもは、親の愛情を強く求めます。その強い愛情欲求があるがゆえに、子どもは叱られたときに、拒否されたという悲しみや憎しみを抱くことがあります。しかし、叱られて反発心を感じたとしても、子どもは親の期待や欲求に応えようとします。そうして、いつか親に認めてもらいたい、愛されたいという気持ちを強めていきます。  それでもなお、憎しみの感情が癒されることなく心の中でくすぶり続けると、自尊感情が育たず周囲の人間とのあつれきが深くなっていきます。多くの葛藤の中で愛情を求めることに疲れてしまい、親にも見限られると、行動によって感情を爆発させることがあります。まして思春期は、精神的に不安定で、身近にいる大人への敵意も生まれやすい時期です。依存心と独立心とのゆらぎの中で、少年少女の親殺しという行動は生まれるのかもしれません。  このようなことから考えても、無条件の愛を求める衝動を満たすことが大切だと思います。  

  • 未分類

    無条件の愛が子どもを成長させる(人は無条件に愛され受け入れられることを求める)

     <人の心は、無条件の愛を激しく求める> 私たちが生来持っている衝動の中に、無条件の愛を求める衝動があります。なかでも子どもは、この衝動に基づく欲求が強く、親からの無条件の愛を激しく求めます。 それは、勉強ができるからとか、親の言いつけをよく守るからといった、理由が求められる愛情ではありません。お父さん、お母さんの子どもであるという、ただそれだけで世界で一番大切にされ、理解してもらえる、そんな愛情です。 <完璧が無理でも、無条件に愛を注ごう> 親として完璧であろうとしても、なかなかできるものではありません。 完璧な人間なんて、世の中にいるはずがありませんし、まして子育てともなると、自分の理想どうりにならないことの連続です。親はみんな、壁にぶつかっては試行錯誤を繰り返しながら、よりよい親子関係を築こうとして精いっぱいなものです。完璧な親などいないのですから、子どもが親からの無条件の愛をいつも感じながら育つのは不可能といえます。 しかし完璧な親でなくても、「親が自分のことを無条件で愛してくれている」と実感して育った子どもほど、情緒的に安定します。 友達や学校の教師ともうまく交流でき、勉強、芸術、運動などにもより才能を発揮することができます。欠点のある自分自身に対して寛容になれるため、他人の欠点にも寛容になり、気持ちの中に他人を思いやるゆとりがもてるようになります。 このように、子どもが親の無条件の愛を実感できることは、子どもの心の発達にとても重要なことです。

  • 未分類

    与えることと受け取ること

     アダルトチルドレンの人は常に与える側で生きてきた人達です。受け取る側をやったことがない人たちともいえます。与えることと受け取ることのバランスが悪い関係は破綻していきます。破綻せずに続けると与える側が健康を害します。  受け取る側の50パーセントの部分が増長して、DVや暴言などを繰り返す状態になっていきます。そうなってしまう原因は親から受け取るという体験がなかったからです。  与えることで自分の価値をしめそうとするアダルトチルドレン200パーセントの人たちは受け取ることしか考えない50パーセントの人たちを引き寄せて世話をすることで共依存の関係を作ります。今、この瞬間から与える側から受け取る側になることを自分に許しましょう。  与えることと受け取ることは等価交換でないと健全な関係ではないのです。仕事も恋愛も同じことです。  ただし、一つだけ例外があります。親子の関係だけは親から子供に与えるのみの一方通行です。このルールを破り、子供から親に与えることで秩序が乱れてしまい、アダルトチルドレンが生まれてしまうのです。  もしあなたが親ならば、「老後は子供に面倒をみてほしい」などという考えは今すぐに手放してください。それは宇宙の法則違反となり、子供に対する呪いとして大きな負担を強いることになるでしょう。

  • 未分類

    府中市にある郷土博物館へ行ってきました。

     今日は家族で府中市にある郷土博物館へ行き、プラネタリウムを見て中の庭園をお散歩してきました。プラネタリウムでは夜空の星の生解説とムーミンが放映されました。ムーミン懐かしいな~と思いながら私は見ていたのですが、子供たちはムーミン初めてでした。物語はなんだかほんわり心があたたかくなるような、ムーミン谷ではそれぞれ出てくるキャラクターの個性が活かされ時間がゆったり流れているムーミン谷の暮らしが放映されていて、心がとっても癒されました。  庭園には今見ごろの彼岸花が咲いていてとても綺麗でした。まだまだ、つぼみが沢山あったので、これからもしばらくは見ごろなのかなと思います。

  • 未分類

    完璧主義から改善主義へ

     アダルトチルドレンの人に多いのは完璧主義です。0か100の両極端思考ともいえます。めちゃめちゃ頑張りすぎて倒れるまでやるか、まったく何もやらないかの両極端を時代時代で交互に繰り返す人が多いです。  完璧を目指すことは悪いことではありませんが、「完璧でないと価値がない」というのは間違った価値観です。完璧主義の考え方は、常に完璧な結果を求め続けて褒めない親から刷り込まれます。「完璧でないと価値がない」と思っていると常に完璧ではないので、自分を承認できるチャンスはゼロとなり、常に自分を責めることになってしまいます。  アダルトチルドレンの人に「完璧の定義とは?」「あなたにとって完璧とはどんな状態?」と聞くと不明確な答えしかありません。また、「その完璧を達成してもあなたは満足できないでしょう?」と質問すると、「確かにそうですね」となります。  学校の勉強の中だと100点満点を取れば完璧かもしれませんが、人間関係が複雑になってきたり、社会に出て仕事をすると勉強が100点満点でも現場では通用しないわけです。いくら完璧を達成しても、「もっと完璧を目指さないと!」と頑張り続けると燃え尽きてうつ病やガンになってしまうかもしれません。  「完璧なんてものはない」「完璧は幻想である」という考えを受け入れましょう。 完璧主義の代わりとして、改善主義をおすすめします。完璧ではない今の自分を許し、受け入れること。そして、より良い未来の理想の自分に近づけるように日々改善していくこと。これが改善主義です。  常に100点満点は無理なのです。「60~70点で合格」という考え方を採用しましょう。「えええ!そんなに低くていいのですか?」と思うかもしれませんが、長期的に見たら、100点満点を短期間続けてダウンするよりも、70点をコンスタントに長期的に出せる方が心も体も安定します。  そもそもアダルトチルドレンの人が頑張り続けている理由はなんなのか?というと、最終的には「お父さんに認めてもらいたいたいから」という理由に行きつきます。父性の不在が完璧主義の根本原因なのです。

  • 未分類

    甘えることは悪いことではないよ

     アダルトチルドレンは「甘える」という言葉は知っていても、内容」、意味はわかりません。なぜなら、親にきちんと甘えることができなかったまま大人になってしまったからです。  「甘えることは悪いこと」と機能不全の親子関係で学んでしまうと、なんでも自力で解決してしまい、他人にお願い・依頼することができなくなります。それが行き過ぎると仕事を一人で抱え込みすぎてたおれます。  「甘えることは悪いことではない」という考え方を採用することです。  甘えるといっても「良い甘え」と「悪い甘え」があります。悪い甘えの定義は、「自分がとるべき責任をとらないで他人に責任をとらせること」「自分が本来やるべき役割を果たさずに他人にやらせて平気でいること」などです。  「甘えるってどういうこと?」 1、本音の「感情」をありのままに出して、それを受け止めてもらうこと。共感してもらうこと。 2、言ってほしい言葉を言ってもらうこと、やってほしいことをやってもらうこと。 3、触れてもらうこと、スキンシップ(抱っこしてもらうこと)。

  • 未分類

    親への罪悪感を手放す

     家で両親の仲が悪いとき、自分の存在のせいではないにもかかわらず、「自分がいるせいだ」と思ってしまい、無意識的に子供はどうにかして両親の仲をとりもとうとします。  当たり前ですが、どんな子もお父さんとお母さんには仲良くしてほしいです。そこで、できるだけ良い子になって母親に負担かけまいとしてしまいます。  しかし、母親は子供が我慢していることをまったく理解しませんから、母親のためにずっと我慢し続けることに対する怒りを身体に溜め込みながら、アダルトチルドレンになっていきます。  しかし、残念なことに子供が親の不仲を改善させようと努力をしてもうまくいくことはありません。  むしろ、頑張って仲をとりもとうと、頑張れば頑張るほど親子関係が逆転し、両親は子供に甘えてしまって依存的になり、さらにひどい状況になっていきます。子供への負担がどんどん増えていくことになります。親は子供を助けることはできますが、子供が親を助けることは出来ません。幼い子供に大人を改心させることは不可能なのです。  この記事を読んでいるあなたは両親の不仲を改善できなかったことや、母親の不幸を助けられなかった自分に罪悪感を持っているかもしれません。  でも、あなたは無罪です。もうそろそろ、両親の仲をとりもとうと努力することをやめてもいいのです。むしろ、両親の為に生きるのをやめて、自分の為に生き始めることが両親を改善することにつながるのです。

  • 未分類

    ダメな自分なんていないよ

    アダルトチルドレンの人は自分を責める癖が強くついています。それは親が自分を責めてきたから、そのまま自分も自分を責めるというやり方が染みついてしまっているからです。「こんなダメな自分は大嫌いだから消えたい」と思っているのがアダルトチルドレンの人達です。そんなあなたに言いたいのは、ダメな自分なんていないということです。 「だって、実際ダメなんだもん」と思うかもしれませんが、それはダメな状態があるだけなのです。一時的にダメな状態になっているだけです。ただ、ダメな状態が常態化しているので、それを本当の自分だと勘違いしているのです。 生まれたばかりのときの自分が「光の玉」だとしましょう。それに親が泥を塗るわけです。泥を塗られ続けると、泥団子になります。そして、親が自分に泥を塗ったように自分で自分自身に泥を塗り続けているのです。 あなたは外から見た時にダメな状態になっているだけで中身の本質(魂の自分)は常に光り輝いているのです。感情を解放していくことで外側にこびりついたネガティブを玉ねぎの皮むきのように1枚1枚剥がしていくのです。 そうするとあなたの本質である魂の部分が外に出てきます。ですから、ダメな自分なんていません。ダメな状態は良い状態に変化させればいいだけなのです。

  • 未分類

    アダルトチルドレンが楽になる考え方

     1、あなたは生きているだけで価値があります  2、あなたは世界から愛されています  3、あなたには天から与えられた尊い使命があります この3つの考え方がとても大事です。

  • 未分類

    アダルトチルドレンについて

     アダルトチルドレンとは、子供にとって安心かつ完全な場所として機能していない家庭(機能不全家族)で育った為に、子供の頃のさまざまなトラウマ(心の傷)が原因となって、心や人間関係に障害を持つようになり、大人になっても生きづらさを感じている人のことを指します。  アダルトチルドレンは「大人になりきれない子供っぽい人たち」と解釈されることがありますが、それは大きな誤解です。アダルトチルドレンは、親が親として機能しない家庭環境に育つことで親子関係が逆転し、「子供らしい」「無邪気な」子供時代を過ごすことができず、むしろ、幼少の頃から大人として生きなければならなかった人達のことなのです。親を親として信頼することができず、親に十分に甘えることができなかった人達のことだと捉えるとわかりやすいと思います。  

X